ヤマダ電機(9831)の高利回りの優待。電化製品の他、食べ物、日用品等も買える。

この記事は約4分で読めます。

優待情報

 保有株数権利確定日
3月末日
 権利確定日
9月末日
100株以上1000円分2000円分
500株以上2000円分3000円分
1000株以上5000円分5000円分
10000株以上25000円分25000円分
1年以上継続保有+1500円分+500円分
2年以上継続保有+2000円分+500円分

継続保有条件

毎年3月末および9月末の株主名簿に連続して3回以上(5回以上)同一株主番号にて記録。

参照 長期継続保有で優遇される株主優待銘柄。端株とクロス。

優待利回り

必要株数継続保有優待利回り
3月末権利
優待利回り
9月末権利
100株以上1年未満1.45%2.90%
100株以上1年以上3.62%3.62%
100株以上2年以上4.35%3.62%

オークション相場(額面金額の80%)、株価(552円)で計算。

100株保有の優待利回りの高さが際立ちます。
更に継続保有で貰える枚数が倍近くになります。

1年目は9月末権利の方が多く貰えますが、2年以上継続保有で貰える枚数が3月末権利の方が多くなります。
2年以上継続保有すると、オークション相場で計算しても、1年間の優待利回りが約8%になります。

三月の株キチ
三月の株キチ

実態価格で計算して、ここまで優待利回りが高い優待は少ないです。
株価も安いので100株は保有してもいいかもしれません。

買物優待券

ヤマダ電機 買物優待券

利用可能店舗

47都道府県すべてに店舗があります。

ヤマダ電機は店舗によっては、電化製品だけではなく食べ物・日用品も購入出来ます。
電化製品と違い食べ物・日用品は少し割高なことが多いですが、スーパーマーケットよりも安く売られている商品もあります。

ヤマダ電機 店舗

利用方法

  • 税込1000円購入ごとに500円券1枚利用可能
  • 最大54枚まで利用可能。

残額の支払いにPayPayを利用出来るので、優待券が少し利用しやすくなりました。

ポイントカード(付与と使用)

株主優待券利用後の残金に対して使用可能です。
株主優待券利用後の差額分に対してポイントが付与されます。

ヤマダポイント会員の場合は、会計前に画面を提示します。
ペイペイで支払う場合は、株主優待券を出した後に画面を提示します。

有効期限

  • 3月末権利日(薄紫色優待券):7月~12月末
  • 9月末権利日(茶色系優待券):1月~6月

有効期限の異なる優待券は同時に利用出来ません。
色分けされているので間違えにくいと思います。

利用出来る期間の少し前に到着するので注意が必要です。
間違えて現金で買うことにならないようにしましょう。

三月の株キチ
三月の株キチ

ヤマダの優待を使うのはマダヤ!

優待価値

ヤマダ電機優待 落札情報
額面金額の約87%で落札されています。

権利付き最終日近くでクロス出来ることが多いです。
優待利回りがとても高く、1000株でも4%以上あります。

優待おすすめ度・優待クロス難易度

おすすめ度・クロス難易度の☆評価
  • 優待おすすめ度(☆が多いほどおすすめ)
  • 優待クロス難易度(☆が多いほどレア) 
☆の数おすすめ度クロス時期
5.0実質利回り1.5%以上2カ月前
4.0実質利回り0.9%以上1カ月前
3.0実質利回り0.6%以上2週間前
2.0実質利回り0.4%以上1週間前
1.0実質利回り0.2%以上3日前
0.0実質利回り0.2%以下権利付最終日

クロス時期目安は複数(3~4カ所)の証券会社でクロスする場合です。
日興証券などクロス経費の安い証券会社は上記よりクロス時期が早めです。
毎年状況が変わるため、あくまでも目安です。

株主優待クロスとは?

株主優待クロス(下記リンク参照)という手法と使うと、株価変動の影響を受けずに株主優待だけを獲得することが出来ます。
初心者でも分かる、株主優待クロス(つなぎ売り)の方法・手順。

優待クロス 争奪戦留意点
  • 3月末、9月末は株主優待制度導入企業がとても多いです。
  • 優待利回りがとても高いですが、権利付最終日近くでクロス出来ることが多いです。
  • 100株の優待利回りはとても高いので、100株だけは早めにクロスして、後で追加するのがオススメです。

企業情報

最新指標(ヤフーファイナンス)

予想PER18.22倍
実績PBR0.77倍
予想配当利回り2.36%
自己資本比率52.9%

ヤマダ電機 公式ホームページ

2001年に家電専門量販店の売上高日本一となって以降、首位の座をキープし続けています。
市場での売上シェアは約30%となっています。
2005年に売上高1兆円を達成、2010年に売上高2兆円を達成しました。

コメント