コメダHD(3543)の優待。コメダ珈琲店で使える電子マネー。議決権行使で隠れ優待も。

この記事は約4分で読めます。

優待内容

権利確定日 2月末日 8月末日

 必要株数電子マネー優待利回り
100株以上1000円分0.43%×年2回

優待利回りはオークション相場(額面金額の90%)で計算。

KOMECA

コメダ 優待 KOMECA
  • 新規株主にはKOMECAが送付されます。
  • 継続保有の株主(株主番号が同一の株主)にはKOMECAが送付されません。
  • 株主優待電子マネーは「最後に送付されたKOMECA」にチャージされます。
  • カードの再発行は、500円の手数料が必要です。
三月の株キチ
三月の株キチ

端株を保有していませんでしたが、クロスで継続保有扱いでした。
オークションで出品する場合は、カードの返却をしてもらった方がいいと思います。

利用可能店舗

有効期限

  • 2月末権利日 6月1日 (チャージ日)~翌年 5月末日
  • 8月末権利日 12月1日(チャージ日)~翌年11月末日
三月の株キチ
三月の株キチ

電子マネーは有効期限の短いものから消費されます。
ポイント付与の連絡から実際にチャージされるまで半月くらいあるので、フライングで行かないようにしましょう。。

KOMECA ポイント

支払い金額100円毎に1ポイントが付与されます。(1ポイント=1円 10ポイント単位で利用)

2枚のKOMECA電子マネー・ポイントを1枚に合算する場合は、コメカマイページから手続きします。(裏面の16桁のKOMECAカード番号と裏面の銀色部分を削ると現れる6桁のPIN番号が必要)
一度の会計で2枚のKOMECAが利用できるので、合算する必要はないかもしれません。

残高照会

KOMECAを利用した時のレシートで確認出来ます。

KOMECA 優待 ポイント確認

隠れ優待

議決権行使(議案の賛否に関わらず)でKOMECAに500円チャージされます。

  • チャージ日 7月1日(優待の1カ月遅れ)
  • 有効期限  5月末日(優待と同日)
  • 利用可能期間 11カ月

優待価値(落札相場)

ヤフオク コメダ落札情報
額面金額の約90%で落札されています。
株主番号が同じ場合は、カードを継続して利用するので注意が必要です。

優待おすすめ度・クロス難度

株主優待は、株主優待クロス(下記リンク参照)で獲得することも可能です。
初心者でも分かる、株主優待クロス(つなぎ売り)の方法・手順。

おすすめ度2.0実質利回り0.4%以上
クロス時期0.0権利付最終日
☆の数おすすめ度クロス時期
5.0実質利回り1.5%以上2カ月前
4.0実質利回り0.9%以上1カ月前
3.0実質利回り0.6%以上2週間前
2.0実質利回り0.4%以上1週間前
1.0実質利回り0.2%以上3日前
0.0実質利回り0.2%以下権利付最終日

クロス時期目安は複数(3~4カ所)の証券会社でクロスする場合です。
日興証券などクロス経費の安い証券会社は上記よりクロス時期が早めです。
毎年状況が変わるため、あくまでも目安です。

優待クロス争奪戦 留意点 

  • 2月、8月は株主優待制度導入企業が多いです。
  • 100株より多くクロスしても優待は増えません。
  • 権利付最終日にクロス出来ることが多いです。

コメダで優待生活

コメダ モーニング

午前11時までは、お得なモーニングセット(460円)があります。
コーヒーを注文すると、パンなどのセットが無料で付きます。
パンはバターかジャムが塗られた状態で出てきます。

コメダ モーニングセット
  • たっぷりカフェオーレ 570円
  • モーニングセット(パンとたまご)0円
  • ミニサラダ 240円

アドバンスクリエイトの優待でカフェオレがたっぷりサイズ(本来はプラス100円)に変更出来るクーポンが出ることがあります。

コーヒーチケット

  • コーヒーの前売り回数券です。
  • 店舗によりチケットの枚数と価格が異なります。
  • 1冊当たり最大520円~760円お得になります。
  • 有効期限はありません
  • 発行店のみ有効です。
  • チケットの購入は現金のみです。

近所の店舗は8枚綴りが3100円(1杯あたり388円)で販売されていました。
20種類のドリンクから選択出来ます。
コーヒーチケット+100円で「たっぷりサイズ」が選択出来ます。

株主優待券で買えないのが残念ですが、モーニング等で利用する機会の多い人におすすめです。

企業情報

最新指標(ヤフーファイナンス)

PER17.95倍
PBR3.20倍
配当利回り2.46%
自己資本比率31.7%

コメダホールディングス 公式ホームページ

「珈琲所 コメダ珈琲店」を展開しています。
95%以上がフランチャイズです。

コメント