株主優待廃止(改悪)リスク。廃止になりやすい株主優待(クオカードなど)。

この記事は約4分で読めます。

株主優待廃止(改悪)の主な理由。

株主優待のコスト

株主優待を発行する場合、その分コストがかかります。

三月の株キチ
三月の株キチ

コスト見直しの優先順位を考慮すると、株主優待廃止はやむを得ないことです。

公平性の観点

株主優待は、小口投資家に有利な制度です。
逆に、大口投資家にとっては不利な制度とも言えます。
そのため、株主優待を廃止して、配当を増やすことで、公平な利益分配にする企業も多いです。

株主優待廃止:公表時間

大引け後(15時~17時頃)の発表が多いです。
ザラ場中の発表もたまにあるため、要注意です。

三月の株キチ
三月の株キチ

ザラ場中の発表はインサイダーが有利だと思うので、止めて欲しいです。

株主優待廃止(改悪)による株価の影響。

株主優待銘柄は全体的に割高。

株主優待の新設があった銘柄は、株価が上昇することが多いです。
そのため、株主優待銘柄は、同程度の銘柄と比較して、株価が割高であることが多いです。

株主優待廃止(改悪)で本来の株価に下落する。

株主優待銘柄は割高であることが多いため、優待廃止(改悪)の発表があると、本来の水準の株価まで下落することになります。

優待クロスの影響

優待クロスで株主優待を取得している銘柄が優待廃止(改悪)になった場合、株価下落による損失は避けることが出来ます。
ただ、クロス銘柄が少なくなる点で、影響はあります。

三月の株キチ
三月の株キチ

優待銘柄の数が少ない月の株主優待が廃止になると、影響が大きいです。

優待銘柄と非優待銘柄の比較

優待銘柄のメリット

優待銘柄は単元株の投資が多い小口の投資家に有利です。
一方、優待廃止で株価が下落する可能性も考える必要があります。

非優待銘柄のメリット

優待廃止(改悪)のリスクを考えると、株主優待制度の無い銘柄に投資した方が安全と言えます。
優待新設による株価上昇の可能性もあります。

優待廃止(改悪)が多い、株主優待の内容。

事業内容と関係が薄い株主優待

クオカード

株主優待の種類で最も多いのは、クオカードです。
そのため、クオカード優待は廃止になりやすいイメージが強いです。
企業側のメリットは、広告柄のクオカードの場合、多少の宣伝効果があります。
ただ、クオカードの購入費、事務経費など多くのコストがかかる優待でもあります。

おこめ券

おこめ券は440円の金券と利用出来ます。
しかし、販売価格は1枚500円です。
そのため、株主が受ける恩恵以上に、コストが大きい株主優待と言えます。

プレミアム優待倶楽部

近年、プレミアム優待俱楽部の株主優待を導入する企業が増加しています。
プレミアム優待倶楽部商品のコストの他、管理費も負担していると思われます。

三月の株キチ
三月の株キチ

プレミアム優待俱楽部は廃止が多いため、優待内容をプレミアム優待俱楽部に変更すると、廃止の前触れのように言う優待投資家も見かけます。

カタログ優待

自社商品と関係の無い優待カタログの場合、企業の負担が大きいため、優待廃止のリスクは高いと思います。
自社商品を選択出来る優待カタログの場合、優待廃止のリスクは低くなると思います。

長期継続優遇のある優待

長期継続優遇がある株主優待は、株主にとっては長期的に見るとお得です。
逆に、会社にとっては、将来コストが上昇するデメリットがあります。

三月の株キチ
三月の株キチ

長期優遇のメリットを数回受けただけで、優待改悪になる長期優遇銘柄もありました。

優待廃止(改悪)が少ない、株主優待の内容。

自社商品

株主優待の内容が、自社商品である場合、企業側のコストは低くなります。
自社商品の宣伝になるメリットもあるため、優待廃止のリスクは低くなります。

自社商品の金券(買物券・食事券など)

廃止リスクは低いですが、割引券に改悪されることがあります。
割引券なら、自社商品の売り上げにもなるので、それ以上の改悪は少ないです。
ただ、株主にとってはお金を使わなくてもいい株主優待のほうがありがたいです。

優待廃止(改悪)のリスク軽減のために。

企業の負担が小さい株主優待銘柄を買う。

企業が無理なく継続可能な株主優待の方が安全だと思います。

色々な株主優待銘柄に分散投資する。

優待廃止で10%くらい株価が下落することは多いです。
色々な株主優待銘柄に分散して投資していれば、優待廃止の影響を小さく出来ます。
株主優待銘柄のナンピン買いは慎重にしたほうがいいと思います。

コメント