セントラルスポーツ(4801)株主優待。クラブ入館無料(2人で利用可能・タオル貸し出し無料)。ルネサンスと比較。

この記事は約3分で読めます。

セントラルスポーツ優待情報

権利確定日

3月末日・9月末日

優待内容

株主優待券

優待枚数

必要株数枚数
100株以上 3枚
200株以上 6枚
300株以上
(会員株主)
10枚

優待利回り・オークション相場

保有株数優待利回り
100株・200株1.35%

セントラルスポーツ優待:ヤフオク落札情報(株主優待券1枚当たり1000円)で計算。

セントラルスポーツ株主優待券

セントラルスポーツ株主優待券

優待利用可能店舗

セントラルスポーツ:全国クラブ

四国にはセントラルスポーツのクラブはありません。(2019年12月時点)

優待利用(株主優待券1枚で出来ること。)

会員・非会員共通

  • 「セントラルフィットネスクラブ」等の入館無料(同伴1名まで可能・バスタオル、フェイスタオル貸し出し無料
  • 入会時カード発行手数料無料
  • 定価販売商品20%割引、セール・催事品10%割引(税抜1,000~10万円まで)
  • 子供向け短期教室(水泳・体育・ダンス)の受講料50%割引
  • 子供向け野外ツアー割引
  • 「スキー&スノーボードツアー」割引

会員株主特典(発行基準日時点で、セントラルスポーツの個人会員の株主。)

上記に加えて下記も利用可。(店舗により不可)

  • 対象プログラム(パーソナルトレーニング等)20%割引
  • スイムプライベートレッスン1回無料体験
  • タオルセット1カ月無料レンタルカードと引換
  • 健康関連商品との引換え(各1回限り)

個人会員は株主優待のメリットが少ないため、優待の利用範囲を増やしているのだと思います。

有効期限

  • 3月末権利日:7月1日~12月31日
  • 9月末権利日:1月1日~6月30日

優待到着

  • 3月末権利日:6月上旬
  • 9月末権利日:12月上旬

優待到着後、すぐに利用出来ません。
フライングで行かないように注意しましょう。

セントラルスポーツ優待とルネサンス優待の比較

セントラルスポーツ優待の良い点

セントラルスポーツの優待は、フィットネスクラブ等に同伴1名まで入館できます。(ルネサンスは本人のみ)

ルネサンス優待の良い点

ルネサンス優待はタオルの他、トレーニングウェアとシューズの貸し出しも無料です。(セントラルスポーツはタオルのみ)

三月の株キチ
三月の株キチ

1人で利用するなら、ルネサンスの優待の方がいいです。
2人で利用するなら、セントラルスポーツの優待の方がいいです。

セントラルスポーツ:優待クロス情報

優待おすすめ度(優待利回り)

おすすめ度(☆が多い⇒おすすめ)
優待利回りが高い株数100株・200株(会員の場合、300株)
☆の数おすすめ度クロス時期
5.0実質利回り1.5%以上2カ月前
4.0実質利回り0.9%以上1カ月前
3.0実質利回り0.6%以上2週間前
2.0実質利回り0.4%以上1週間前
1.0実質利回り0.2%以上3日前
0.0実質利回り0.2%以下権利付最終日

クロス時期目安は複数(3~4カ所)の証券会社でクロスする場合です。
日興証券などクロス経費の安い証券会社は上記よりクロス時期が早めです。
毎年状況が変わるため、あくまでも目安です。

優待クロス時期(一般信用売り在庫数)

優待クロス時期(☆が多い⇒クロス時期早い)
優待権利月
(株主優待銘柄数)
3月優待9月優待(株主優待銘柄数がとても多い)
最大クロス株数200株(会員の場合、300株)
三月の株キチ
三月の株キチ

年により、一般信用売り在庫の変動が大きく優待クロスの時期が難しいです。
どうしても欲しい場合は、早めに確保しましょう。
ルネサンスより、クロスしやすいことが多いです。

セントラルスポーツ:企業情報

指標

最新指標ヤフーファイナンス
自己資本比率56.7%

事業内容

セントラルスポーツ:公式ホームページ

フィットネス事業、レジャー関連事業、介護予防事業など。

コメント