【株主優待クロス】代用有価証券と信用新規建て余力。

この記事は約2分で読めます。

信用新規建て余力について

優待クロスにおける信用新規建て余力

代用有価証券分の余力以上の信用新規建て注文をする場合、現金が担保となります。
優待クロス可能な金額が減るため、多少のクロス経費の差よりも大きな問題となります。

代用有価証券として信用余力に反映される日

株式を購入(現引き)した日の2営業日後。
日興証券の場合は、1営業日目の17時に反映されていました。

三月の株キチ
三月の株キチ

代用有価証券が少ない場合は、あえて早めにクロスして、代用有価証券を増やすほうがいい場合があります。

信用新規建て余力(優待クロス)

信用新規建て余力(優待クロス)計算

信用新規建て余力(現金を除いた代用有価証券分)

代用有価証券時価×代用掛目(原則80%)×100/30

優待クロスの場合の売建玉分

信用建玉評価額(信用売建玉分)

優待クロスの場合、信用売建玉を保有し続ける必要があるため、上記を差し引きます。

信用新規建て余力(代用有価証券の時価が600万円の場合)

600万円×0.8×100/30―600万円(信用売建玉分)=1000万円

信用新規建て余力(優待クロスの場合)

現金を担保としない信用新規建て余力は代用有価証券の約1.67倍です。

信用買いを利用する場合は、信用余力が2倍必要となるため、代用有価証券の約0.83倍となります。

異証券会社による優待クロス(信用余力が少ない場合)

異証券会社による優待クロスのメリット

信用売り注文をする証券会社の信用余力が少ない場合、信用買いを他の証券会社(代用有価証券のある証券会社)ですることで、信用買い分の信用余力の使用を減らすことが可能です。

異証券会社による優待クロス(楽天証券と日興証券)

異証券会社による優待クロス(楽天証券と日興証券)

権利確定日まで
  • 楽天証券:1日信用買い⇒現引
  • 日興証券:一般信用長期売り
権利落ち後
  • 楽天証券:制度信用売り⇒現渡し
  • 日興証券:一般信用長期返済買い

信用売りは出来ないがあります。

楽天証券:株式売却(経費の安い順)

  1. 現物売り(楽天大口10万以下・1日定額コース100万円以下)
  2. 1日信用売り(大口以外又は大口約定金額100万円以上・特別空売り料0)
  3. 制度信用売り
  4. 1日信用売り(大口・特別空売り料0)
  5. 一般信用売り
  6. 現物売り(約定金額10万円超え)

※逆日歩は、片端入れで日数計算をするため、当日決算の場合はかからないと思います。

コメント