ダイドーグループ(2590)株主優待。半年以上継続保有でダイドー商品(飲料・ゼリー)。

この記事は約3分で読めます。

優待情報

権利確定日:1月20日(※月末ではないので注意)

権利日保有株数継続保有優待内容優待利回り
1月20日100株以上半年以上ダイドーグループ商品
6000円相当
1.05%
2020年
7月20日
100株以上5年以上記念品

優待利回り

優待利回りは相当金額の70%で計算。

三月の株キチ
三月の株キチ

飲料やゼリーはスーパーで安く販売されているので、実質価値を低めに設定しました。

継続保有条件

  • 保有期間半年以上:毎年1月20日 と前年7月20日の株主名簿に100 株以上の保有が、同一株主番号で連続して記載または記録。
  • 保有期間5年以上:100 株以上の保有が、同一株主番号にて、毎年1月20日およ び7月20日に連続して11回以上12回以下記載または記録。
三月の株キチ
三月の株キチ

端株と空クロスで権利が取れるかは不明です。
条件から、7月20日の空クロスは必要なようです。

参照:長期継続保有で優遇される株主優待銘柄。端株とクロス。

ダイドーグループ商品

ダイドー優待 2019年7月期 自社商品3000円相当
ダイドー優待 2018年7月期 自社商品3000円相当

2021年1月期から自社商品6000円相当になります。
画像の2倍程度の優待内容になると思います。

三月の株キチ

コーヒーが主力ですが、ゼリーなども販売していたのですね。
コーヒーは競争が激しいですからね。
自分ではまず買わない製品も混ざってます。
そういう製品を試す良い機会と思って飲んでいます。

ダイドーグループ優待 恒例のスイーツ味のドリンク
  • 2018年7月期:和栗モンブラン
  • 2019年1月期:アイスバニラ
  • 2019年7月期:メープルミルクセーキ
  • 2020年1月期:アイスバニラ
三月の株キチ
三月の株キチ

スイーツ系ドリンクとは、チャレンジ精神を感じますね。
ゲテモノと言う人もいますが、意外なヒット商品が出るかも知れないですね。
和栗モンブラン・アイスバニラは意外と美味しかったです。

ダイドーグループ製品優待販売

  • 飲物:20%割引
  • ゼリー:25%割引

送料500円(税込5500円以上購入で無料)

送料を考えると、自分で買った方がいいかもしれないですね。

記念品

5年以上継続保有で、1回だけ貰えます。

優待到着

  • 1月20日権利(ダイドーグループ商品):4月
  • 7月20日権利(記念品):10月

優待おすすめ度・優待クロス難易度

おすすめ度・クロス難易度の☆評価
  • 優待おすすめ度(☆が多いほどおすすめ)
  • 優待クロス難易度(☆が多いほどレア) 
☆の数おすすめ度クロス時期
5.0実質利回り1.5%以上2カ月前
4.0実質利回り0.9%以上1カ月前
3.0実質利回り0.6%以上2週間前
2.0実質利回り0.4%以上1週間前
1.0実質利回り0.2%以上3日前
0.0実質利回り0.2%以下権利付最終日

クロス時期目安は複数(3~4カ所)の証券会社でクロスする場合です。
日興証券などクロス経費の安い証券会社は上記よりクロス時期が早めです。
毎年状況が変わるため、あくまでも目安です。

株主優待クロスとは?

株主優待クロス(下記リンク参照)という手法と使うと、株価変動の影響を受けずに株主優待だけを獲得することが出来ます。
初心者でも分かる、株主優待クロス(つなぎ売り)の方法・手順。

優待クロス 争奪戦留意点
  • 権利日が月末でないため、株主優待制度導入企業が少ないです。
  • 100株より多くクロスしても優待内容は変わりません。
  • 2021年7月期から株主優待内容が変更(継続保有条件が加わる・相当金額が2倍)になったため、クロス難易度を少し下げました。

制度クロス

賃借差引日数逆日歩(100株)
2018年7月-1248003日600円
2019年1月-1047003日495円
2019年7月1日750円

企業情報

指標

最新指標(ヤフーファイナンス)

PER47.06倍
PBR0.75倍
配当利回り1.50%
自己資本比率53.9%

指標面ではやや割高です。

事業内容

ダイドーグループ:公式ホームページ

  • 国内飲料時価総額13位です。
  • 飲料の売上の8割以上が自販機販売です。
  • 飲料製品の半分がコーヒーです。

コメント