メディアス(3154)株主優待。長期保有で高利回りのクオカード。

この記事は約2分で読めます。

優待情報

権利確定日:6月末日

必要株数継続保有クオカード優待利回り
100株以上1年未満1000円分1.02%
100株以上1年以上2000円分2.04%
100株以上3年以上3000円分3.05%

継続保有条件

いずれの時点においても株主名簿に記載または記録された日から基準日(6月末日)までに同一株主番号で連続して100株以上保有した期間。

参照:長期継続保有で優遇される株主優待銘柄。端株とクロス。

優待利回り

優待利回りは、クオカードの額面金額の95%で計算。

メディアス:クオカード

メディアス優待 クオカード

クオカードの購入・使用

クオカードは、コンビニなどで利用出来ます。
参照:クオカードはどこで買える?どこで使える?金券ショップの買取相場は?

クオカード売却相場

クオカード:売却相場
  • クオカード(広告柄):売却相場が安い(額面金額の約90%)
  • クオカード(ギフト柄):売却相場が高い(額面金額の約95%)
  • クオカード(アイドル柄・アニメ柄):プレミアムが付く(額面金額より高額)

メディアスのクオカードは広告柄です。
ギフト柄のクオカードより優先して使う予定です。

優待おすすめ度・優待クロス難易度

おすすめ度・クロス難易度の☆評価
  • 優待おすすめ度(☆が多いほどおすすめ)4.0
  • 優待クロス難易度(☆が多いほどレア) 1.0
☆の数おすすめ度クロス時期
5.0実質利回り1.5%以上2カ月前
4.0実質利回り0.9%以上1カ月前
3.0実質利回り0.6%以上2週間前
2.0実質利回り0.4%以上1週間前
1.0実質利回り0.2%以上3日前
0.0実質利回り0.2%以下権利付最終日

クロス時期目安は複数(3~4カ所)の証券会社でクロスする場合です。
日興証券などクロス経費の安い証券会社は上記よりクロス時期が早めです。
毎年状況が変わるため、あくまでも目安です。

株主優待クロスとは?

株主優待クロス(下記リンク参照)という手法と使うと、株価変動の影響を受けずに株主優待だけを獲得することが出来ます。
初心者でも分かる、株主優待クロス(つなぎ売り)の方法・手順。

優待クロス 争奪戦留意点
  • 6月末は株主優待制度導入企業が多いです。
  • 100株より多くクロスしても優待内容は変わりません。
  • 一般信用売り在庫が全く無かったり、大量に出てきたりするため、クロス時期が難しいです。

企業情報

指標

最新指標(ヤフーファイナンス)

予想PER23.65倍
実績PBR1.53倍
予想配当利回り1.50%
自己資本比率19.2%

事業内容

メディアス:公式ホームページ

  • 医療機器卸の大手です。
  • 介護・福祉事業、ソリューション事業も展開しています。

コメント