いちにち信用(日計り信用・デイトレ信用)について。クロス経費(取引手数料・金利)の節約。

この記事は約2分で読めます。

いちにち信用のある証券会社

  • 楽天証券(いちにち信用)
  • SBI証券(日計り信用)
  • auカブコム証券(デイトレ信用)
  • マネックス証券(ワンデイ信用)
  • 松井証券(一日信用)

いちにち信用の手数料(証券会社別)

いちにち信用:取引手数料

無料(5社とも)

いちにち信用:買方金利・貸株料

auカブコム証券・マネックス証券・松井証券

約定金額(1約定)買方金利・貸株料
100万円未満1.8%
100万円以上0%

1.8%でも、制度信用買い・一般信用買いの金利よりも安いです。

楽天証券・SBI証券

約定金額(1約定)買方金利・貸株料
約定金額に関わらない0%

優待クロス:クロス経費削減にいちにち信用を活用

優待クロス:いちにち信用のメリット

売買手数料が無料になる。

多くの証券会社では、現物取引の取引手数料は有料です。
いちにち信用を活用することで、取引手数料を無料にすることが出来ます。

買い方金利が安い(または無料)。

買い方金利が安く、当日中に現引きすると無料に近いです。
楽天証券とSBI証券は無料です。

1日定額コースの1日の約定金額合計に含まれないことが多い。

1日定額コースでは、1日の約定金額合計100万円までの取引手数料が無料の証券会社があります。
その多くが、いちにち信用の約定金額を含めて計算しないため、その分無料で取引できる金額が増えます。

特に楽天証券、auカブコム証券では、現物取引と信用取引の合計で計算されるため、いちにち信用を活用したいです。

いちにち信用を活用した、現物株式の購入方法。

  1. いちにち信用買い注文(当日9時まで)
  2. 約定の確認。
  3. 現引き注文。(当日15時頃まで)

※信用売り建て玉は、翌日に持ち越す必要があるため、優待クロスでは活用出来ません。

優待クロス:いちにち信用のデメリット

現引き忘れによる強制決済手数料

現引き注文を忘れると、翌日に強制決済されます。
強制決済手数料は、通常よりも高いことが多いです。

三月の株キチ
三月の株キチ

1回強制決済手数料を取られると、少しずつ節約してきたクロス経費が、一度に無駄になることがあります。

現引き忘れのリスクを避けるために

いちにち信用買いの代わりに、制度信用買い(いちにち信用よりも金利が高い)を利用すると、現引き忘れをしても金利を余分に取られるだけで済みます。

コメント