高松コンストラクショングループ(1762)株主優待。おこめ券、南魚沼産コシヒカリ、寄付から選択。優待クロス情報。

この記事は約4分で読めます。

優待情報

権利確定日:3月末日

必要株数継続保有南魚沼産コシヒカリおこめ券優待利回り
100株以上条件なし5kg5枚0.93%
500株以上5年以上10kg10枚0.37%

優待利回り

  • 優待利回りは、おこめ券の額面金額(1枚440円)で計算。
  • 100株の優待利回りが一番高いです。

継続保有条件

継続保有の詳しい条件は不明です。

三月の株キチ
三月の株キチ

継続保有のメリットはあまり無いので、端株を保有する必要は無いと思います。

参照:長期継続保有で優遇される株主優待銘柄。端株とクロス。

高松コンストラクショングループ優待:選択

優待選択肢

  • 南魚沼産コシヒカリ
  • おこめ券
  • 日本ユニセフへ寄付
  • あしなが育英会へ寄付
  • 優待不要
三月の株キチ
三月の株キチ

南魚沼産コシヒカリ、おこめ券のどちらかを選択する人が多いと思います。

優待申し込み

手続きの有無

  • 南魚沼産コシヒカリを希望する場合は、手続きをする必要はありません。
  • 南魚沼産コシヒカリ以外を希望する場合は、「株主様ご優待選択用返信はがき」を返送します。

返信ハガキ記載内容

  • 希望する優待品にチェック
  • 株主番号(捨てないように注意)
  • 株主氏名
  • 株主住所(2020年3月登録住所)
  • 電話番号

申込期限

7月31日(当日消印有効)

高松コンストラクショングループ優待:おこめ券

おこめ券とは

おこめ券は、利用可能店舗が多く、お米以外の購入も可能です。

三月の株キチ
三月の株キチ

他の株主優待で、お米はたくさん貰っているので、色々な物を購入出来るおこめ券にしました。

高松コンストラクショングループ優待:南魚沼産コシヒカリ

日本穀物検定(お米のランク)

日本穀物検定協会でお米のランク(最高ランクは特A)を公表しています。

高松コンストラクショングループ優待で貰える、南魚沼産コシヒカリのランクは特Aです。

お米の価格

イオン:お米の価格

近所のイオンでは、多くのブランド米5kgが約2100円です。
「ゆめぴりか」は、5kgが約2500円と少し高価でした。

優待のお米:到着と保管

優待のお米到着時期

ほとんどのお米優待は新米が届けられます。
そのため、10月下旬~11月中旬頃に株主優待の新米が大量に届きます。

優待のお米の保管

新米がたくさん届いて嬉しいですが、収納するスペースを用意する必要があります。

三月の株キチ
三月の株キチ

分散してお米を頂ければいいのですけどね。

お米は嵩張るので、あまり大量に保管しておくのは場所が勿体ないです。
自分で食べきれない量の場合は、人にあげたり安く売るのがいいと思います。

参照:【物優待の価値】不要な物優待は必要とする人に売却。

優待おすすめ度・優待クロス難易度

おすすめ度・クロス難易度の☆評価
  • 優待おすすめ度(☆が多いほどおすすめ)4.0
  • 優待クロス難易度(☆が多いほどレア) 0.0
☆の数おすすめ度クロス時期
5.0実質利回り1.5%以上2カ月前
4.0実質利回り0.9%以上1カ月前
3.0実質利回り0.6%以上2週間前
2.0実質利回り0.4%以上1週間前
1.0実質利回り0.2%以上3日前
0.0実質利回り0.2%以下権利付最終日

クロス時期目安は複数(3~4カ所)の証券会社でクロスする場合です。
日興証券などクロス経費の安い証券会社は上記よりクロス時期が早めです。
毎年状況が変わるため、あくまでも目安です。

株主優待クロスとは?

株主優待クロス(下記リンク参照)という手法と使うと、株価変動の影響を受けずに株主優待だけを獲得することが出来ます。
初心者でも分かる、株主優待クロス(つなぎ売り)の方法・手順。

優待クロス 争奪戦留意点
  • 3月末は株主優待制度導入企業がとても多いです。
  • 100株の優待利回りが一番高いです。
  • 一般信用売り在庫が多く、権利付最終日でクロス出来ることが多いです。
三月の株キチ
三月の株キチ

優待利回りが高いですが、クロスはしやすいです。
優待内容が、生活必需品なのも嬉しいです。
クロス族にとって、有難い銘柄です。

企業情報

指標

最新指標(ヤフーファイナンス)

予想PER11.15倍
実績PBR0.75倍
予想配当利回り2.66%
自己資本比率52.1%

事業内容

高松コンストラクショングループ:公式ホームページ

髙松建設、青木あすなろ建設を中核とした事業会社で構成されています。
建築事業、土木事業、不動産事業が事業の柱です。

コメント