トーセイ(8923)のクオカード優待。貴重な11月権利銘柄【優待新設】

この記事は約2分で読めます。

優待情報

権利確定日 11月末日

保有株数クオカード優待利回り
100株以上1000円分0.70%

優待利回りは、クオカードの額面金額の95%、株価1400円で計算。

シンガポール市場における株主にはシンガポールで利用出来る商品券がクオカードに代わり貰えます。

優待到着 2月下旬頃

クオカード 利用 落札・買取相場

クオカードの利用・落札情報等は下記を参照してください。

トーセイのクオカードは広告柄なので売却相場は安いです。
使う分には同じなので、売却相場の高いギフト柄のクオカードより優先して使います。

優待おすすめ度・クロス難度)

おすすめ度
3.5
実質利回り%以上
クロス難度
2
権利付最終日の1週間前
☆の数おすすめ度クロス時期
5
実質利回り1.5%以上2カ月前
4
実質利回り0.9%以上1カ月前
3
実質利回り0.6%以上2週間前
2
実質利回り0.4%以上1週間前
1
実質利回り0.2%以上3日前
0
実質利回り0.2%以下権利付最終日

クロス時期目安は複数(3~4カ所)の証券会社でクロスする場合です。
日興証券などクロス経費の安い証券会社は上記よりクロス時期が早めです。
毎年状況が変わるため、あくまでも目安です。

優待クロス争奪戦 留意点 

  • 11月末は株主優待制度導入企業が少ないです。
  • 優待利回りがやや高いです。
  • 100株より多くクロスしても優待は増えません。
  • 優待新設ですが、とりあえずクロス難度は低めと予想しておきます。
三月の株キチ
三月の株キチ

11月は株主優待が少ないので優待新設は有難いです。

企業情報(指標・公式ホームページ・事業内容)

最新指標(ヤフーファイナンス)

PER7.78倍
PBR1.16倍
配当利回り2.76%
自己資本比率37.6%
三月の株キチ

本業と無関係の優待内容(クオカード・おこめ券など)の場合、自社製品や買物券に比べて優待廃止のリスクは高いと思われます。
財務状況が良ければ優待継続の確率が高まると考えています。

トーセイ 公式ホームページ

下記の6事業を展開しています。

  • 不動産流動化
  • 不動産開発
  • 不動産賃貸
  • 不動産ファンド・コンサルティング
  • ホテル
  • 不動産管理

自己資本比率が低めですが、不動産事業の会社の中では財務状況は悪くないと思います。

コメント