【株式移管の手続き】「楽天」から「GMO・カブコム・日興」。

この記事は約5分で読めます。

株式移管でクロス経費の節約が出来る。

楽天証券における現物株式調達経費

楽天証券:1日信用買い売買手数料

無料

1日信用買い後、現引きをすることで、現物株式を無料に近い手数料で調達出来ます。

楽天証券:株式移管手数料(出庫)

無料

株式の入庫手数料は無料の証券会社は多いですが、出庫手数料が無料の証券会社は少ないです。

楽天証券から移管する理由

証券会社により、現物株式の調達経費は高いことがあります。

楽天証券で無料に近い経費で調達した株式を移管をすることで、優待クロスの経費を節約することが出来ます。

株式移管の手続き

預かり区分の振替(楽天証券)

預かり区分が信用口座の株式の移管は出来ない。

株式を移管する前に、預り区分を、信用口座から預り金・保護預りに振替をする必要があります。

振替手続きが可能な期間

受渡日以降に可能となります。(手続きは約定日の翌営業日の夜から可能。)

振替後の余力

振替後は信用新規建て余力が低下します。
保護預かりの株式を多くすると、資金効率が悪化します。

預かり区分振替手順(楽天証券)

代用状況一覧の表示

楽天証券 振替手順 1

楽天証券ホーム画面から「入出金・振替」⇒「振替実行・代用状況」⇒「代用状況一覧」の順番でクリックすると、代用等一覧が表示されます。

「信用口座」から「保護預り」に振替

楽天証券 振替手順 2

預り区分が移管の出来ない「信用口座」になっているので「保護預り」に振替をします。
移管をする予定の銘柄の「振替」をクリックすると下記の画面になります。

楽天証券 振替手順 信用口座から保護預かり

「預り金・保護預り」をクリックすると下の画面になります。

楽天証券 振替手順 確認

「振替をする株数」と「確認」をクリックします。

株式移管の手続き

移管先入力画面まで

  • 楽天証券にログイン後、一番上のメニューの「口座管理」をクリックします。
  • 画面左下の「株式移管依頼」クリックします。
  • 一番上の日本株式・楽天証券から他社への「申込」をクリックします。

移管先情報入力

移管手続き auカブコム証券 赤丸は共通

移管先の情報を入力します。

株式移管:入力項目

移管先証券会社(下記表の確認先)で確認する必要がある項目があります。

証券会社GMOクリック証券日興証券auカブコム証券
確認先登録情報口座情報入出庫
部支店名本店「口座情報」で確認本店
部支店コード「登録情報」で確認「口座情報」で確認000
所在地東京都渋谷区「口座情報」で確認東京都千代田区
口座番号「登録情報」で確認「口座情報」で確認「入出庫」で確認
機構加入者コード117276012328601550161
加入者コード「登録情報」で確認「口座情報」で確認「入出庫」で確認
株式移管:入力項目

移管銘柄の選択

  1. 移管する銘柄の一番左側のチェックボックスをクリックします。
  2. 移管先証券会社で既に特定口座を開設しているの左側のチェックボックスをクリックします。
  3. 確認をクリックすると確認画面になります。
  4. 確認したら、取引暗証番号を入力して株式移管をクリックします。

移管期間(楽天証券から移管)

最速で手続き(1営業日目の夜に移管手続き)をした場合の移管期間の目安です。

移管期間:GMOクリック証券・マネックス証券

  • 1営業日後の夜:移管手続き
  • 5営業日後:入庫

移管期間:日興証券

  • 1営業日後の夜:移管手続き
  • 5営業日後:入庫

2020年8月確認。

auカブコム証券:移管後の信用余力

移管するだけでは、信用余力が増えない

  • auカブコム証券に株式移管をした場合、預り区分は保護預りになります。
  • auカブコム証券で株式を購入した場合の株式は代用有価証券です。

信用余力を増やして資金効率を上げる場合は、手動で代用有価証券に振替えます。

auカブコム証券:振替手順

  • カブドットコム証券ログイン。
  • 「入出金・入出庫」⇒「振替依頼」⇒「現物株式振替」をクリック
  • 振替をする銘柄の「振替」をクリック
  • 「保証金代用」をクリック⇒株数を入力⇒「確認画面へ」をクリック
  • パスワードを入力して「振替する」をクリック。
三月の株キチ
三月の株キチ

緑の枠内の通り、建玉可能額が増加します。
結果、多くのクロスが出来るようになります。

一部数量の移管について(楽天証券)

株式移管が出来ない条件

  • 特定口座における同一銘柄の一部数量のみの移管。(分割でクロスをした場合など)
  • 株式移管停止期間の移管。

楽天証券では1日信用⇒現引きの売買手数料がかかりません。
そのため、一部数量ずつ分割でクロス(一部数量をクロス後、後日追加クロスする)する戦略も有効です。
しかし、分割でクロスをすると、楽天証券で保有している株式の一部を移管したい状況になることがあります。
追加クロスをする前に移管をするのが基本ですが、一部数量を移管する場合の手続きは以下の通りです。

楽天証券:株式の一部数量の移管方法

1000株中、900株を移管する場合の例です。

現物株式の一部を制度信用買いにする

下記の取引をして、移管する株数分のみ現物株式にします。

  • 100株を制度信用売り(出来れば1日信用売り)後、現渡。
  • 100株を制度信用買い
移管前の状況
  • 移管する株数(100株):現物株式
  • 楽天証券に残す株数(900株):一時的に制度信用買い

移管手続き

移管手続きは、2営業日後(入力は1営業日後の夜から)から可能となります。(受渡日は2営業日後であるため。)

移管手続き後、2営業日後に手続済と表示され、楽天証券の保有株式一覧に表示されなくなります。

制度信用買いの現引きの時期

移管先証券会社に移管株式が反映されるまで待つ必要があります。(2020年2月19日楽天証券に確認済)

移管は得?

約1週間制度信用買いの状態になります。

移管先証券会社の売買手数料と1週間分の制度信用買い方金利を比較して、どちらがお得か比較する必要があります。

コメント