アインHD(9627)の優待。調剤薬局等で使える買物券。

基本情報

最新指標

👆リンク先 ヤフーファイナンス。

  PER 31.72
  PBR  3.04
配当利回り  0.66%

アインホールディングス IR

調剤薬局が1029店舗、コスメ&ドラッグストアが48店舗(2018年4月期末)
調剤薬局の比率が圧倒的に高いです。

月次情報を見ると、ドラッグストアの方が成長しています。

三月の株キチ
三月の株キチ

優待投資家としては、日用品が買えるドラッグストアを増やして貰えると、優待券が使いやすくなっていいのですが。
指標は割高に感じるので、優待はクロスでもいいかなと思っています。

 

優待情報

権利日 4月末

買物券 500円券

保有株数 商品券 優待利回り
100株以上 4枚 2000円分 0.24%

利用可能店舗

アインホールディングス店舗

利用方法

ドラッグストア(アインズ&トルペ等)の全商品、
調剤薬局の処方箋調剤以外のOTC医薬品や食品等で利用出来ます。

利用枚数に制限はありません。

お釣りは出ません。

優待到着日

7月29日

有効期限

翌年7月末日

優待価値

アインHD優待 落札情報

👆では、額面金額の90%くらいで落札されています。

店舗が遠いですが、有効期限が約1年と長いので自己消費します。

株主優待クロス おすすめ度 クロス時期

おすすめ度
1
クロス時期
0
☆の数 おすすめ度 クロス時期
5
利回り1.5%以上 2カ月前 不可
4
利回り0.9%以上 1カ月前
3
利回り0.6%以上 2週間前
2
利回り0.4%以上 1週間前
1
利回り0.2%以上 3日前
0
利回り0.2%以下 権利付最終日

おすすめ度は、実質利回り、使い勝手から決めました。

クロス時期は、年により変動するのであくまでも参考です。

権利付き最終日でクロス出来る可能性が高いです。

争奪戦が激しくなる要素

4月は株主優待制度導入企業が少ないです。

争奪戦が穏やかになる要素

100株より多くクロスしても優待は増えません。

優待利回りが低いです。

 

コメント