複利の威力はドラえもんで学んだ。「72の法則」で簡単に計算出来る。

お金は殖やすもの

子どもたちにとってお正月はお年玉を貰える嬉しい時期です。

私が小学生の時に定期預金を始めた時の利息は6%でした。

 

今ある1万円のお金をどうするかは色々な選択肢がありました。

1 今、1万円で欲しい物を買う。
2 今使うのを我慢して、1年後に1万600円分欲しいものを買う。
3 毎年、利息の600円だけ使い、ずっと利息を貰い続ける。

 

私は取り合えず2を選択しました。

1万円のお金が1年後に10600円になっている通帳を見て不思議な気がしました。

何もしないでお金が殖えることに興味を持ったのはこの時からです。

三月の株キチ
三月の株キチ

話は脱線しますが、ここで1を選択する人がお金を貯めることが出来る人になるのは困難だと思います。

お金を貯めるのに必要なのは知識より性格が重要だと思います。

 

ところが、ここで第4の選択肢がありました。

殖えた600円を使わずに、複利の効果でお金が殖える速度まで上げることが出来るとは気づきませんでした。

複利の威力を教えてくれたのは、当時読んでいた「ドラえもん」の漫画でした。

複利の威力

参考文献 ドラえもん 第3巻 ボーナス1024倍

 

「銀行にあずけると利子が付くんだよ。」

「あたりまえだ」

この会話だけでも今とは時代の違いを感じます。

利子が付くのが当たり前の時代は随分昔に思えます。

 

これまでの金利水準を確認してみます。

金利推移

ドラえもん第3巻が刊行されたのは1974年10月です。

1974年の郵便定額貯金の金利は年8%でした。

1.08を10乗すると確かに2倍を超えます。

複利のすごいところは、金利で増えた分にも次の年には金利が付くことです。

複利の効果で億り人を夢見る人は多いと思います。

 

西暦
(年)
郵便定額貯金
3年(%)
長期国債
10年(%)
銀行住宅
ローン(%)
郵便定額貯金
10年後(倍)
1973 6.75 7.302 9 1.92
1974 8 8.414 9.48 2.16
1975 7 8.227 9 1.97
1976 7 8.227 9 1.97
1977 5.5 6.683 7.92 1.71
1978 4.75 6.18 7.62 1.59
1979 6.25 7.788 8.22 1.83
1980 7.25 8.227 8.52 2.01
1981 6.5 8.367 8.34 1.88
1982 6 7.969 8.46 1.79
1983 6 7.698 8.1 1.79
1984 5.75 6.969 7.74 1.75
1985 5.75 6.582 7.68 1.75
1986 4.01 5.454 5.5 1.48
1987 3.64 5 5.7 1.43
1988 3.64 4.811 5.7 1.43
1989 4.57 5.306 6 1.56
1990 6.33 6.799 8.5 1.85
1991 5.55 5.836 6.9 1.72
1992 4.07 4.763 5.7 1.49
1993 2.05 3.469 3.8 1.22
1994 3.15 4.55 4 1.36
1995 1.15 2.907 2.625 1.12
1996 0.8 2.751 2.625 1.08
1997 0.45 1.991 2.625 1.05
1998 0.25 0.972 2.5 1.03
1999 0.2 1.836 2.375 1.02
2000 0.2 1.663 2.5 1.02
2001 0.07 1.311 2.375 1.01
2002 0.07 1.007 2.375 1.01
2003 0.06 1.38 2.375 1.01
2004 0.06 1.445 2.375 1.01

日本銀行資料の一部を抜粋

ずいぶん金利が下がっていますね。

バブルがはじける前はそれなりの金利がありました。

1990年の総量規制でバブルが弾けてから、金利は下がっています。

三月の株キチ
三月の株キチ

「ビック」、「一時払い養老保険」などの利子は8%を超えていたのを覚えています。

家には海江田万里さんの財テクの本がたくさんありました。

72の法則

ところで、ドラえもんが「定期預金だと10年で倍くらいになる。」とすぐに言っているのは驚きです。

ご存じの方も多いと思いますが、資金を10年で2倍に増やすために必要なおおよその運用期間は簡単に計算することが出来ます。

「72の法則」と呼ばれる下記の式で計算します。

72÷金利≒お金が2倍になる期間(年数)

8%なら72÷8≒9年ですね。

ドラえもんは「72の法則」を知っていたのかもしれません。

お金が2倍になる年数
金利 72の法則 69.3で計算
1% 72 69.3
2% 36 34.7
3% 24 23.1
4% 18 17.3
5% 14.4 13.9
6% 12 11.6
7% 10.3 9.9
8% 9 8.7
9% 8 7.7
10% 7.2 6.9

72の法則は、「ln2×100=69.3147…」から、約数の多い72を採用した法則です。

72の法則は8%あたりでは誤差が少ないのですが、金利の低い現代ではやや誤差が大きくなっています。

69.3あたりで計算すれば正確な値に近くなりますが、暗算で計算出来なくなりますね。

三月の株キチ
三月の株キチ

昔が懐かしいです。

今は自分で運用しなければなりません。

8%は無理でも、ある程度の利回りで運用したいものです。

長期投資で配当と優待を貰っていれば、ある程度の利回りは確保できるかもしれませんね。

株は預金と違って、変動があるのがつらいですけどね。

ところで、72の法則は、72÷投資期間≒お金を2倍にするのに必要な運用利回り

という使い方も出来ます。

3年で倍にするために必要な運用利回りは24%というわけです。

6年で4倍、9年で8倍、12年で16倍と夢のある話です。

三月の株キチ
三月の株キチ

手っ取り早く金持ちにになりたい気持ちは理解できますが、無理をして逆にお金を無くすこともあるので注意が必要です。

「自分なら年利24%は簡単」という人もいると思いますが、継続して成績を残すのは結構大変なものです。

コメント