サンセイランディック(3277)の優待。非常食になるパンの缶詰。

この記事は約2分で読めます。

優待情報

権利確定日 6月末日

 必要株数パンの缶詰優待利回り
100株以上2缶0.70%
200株以上3缶0.53%
500株以上4缶0.28%
継続保有1年以上+1缶

優待利回りは、1缶当たり300円で計算。

長期優遇条件

100株以上を1年以上継続保有。
年2回(6月、12 月)確定する株主名簿に同じ株主番号で3回以上連続で記載。

端株保有で長期優遇を受けるためには、6月と12月に空クロスをする必要があります。
駅伝ひとりさんにコメントで教えて頂きました。)

パンの缶詰

サンセイランディック 優待 パンの缶詰

パン・アキモトの商品です。
賞味期限が製造日より3年以上あるため、非常食になります。
1缶当たりのカロリーは約320kcalです。

サンセイランディック 優待 パンの缶詰 中身
三月の株キチ
三月の株キチ

パンの缶詰が到着(毎年9月下旬頃)した時に、前年の古い缶詰を食べています。
そうすれば、常に新しい缶詰を3缶保管できます。
1年経っても、柔らかくて美味しかったです。

優待価値

ププオンラインショップ
1缶約400円で販売されています。

優待おすすめ度・クロス難度

株主優待は、株主優待クロス(下記リンク参照)で獲得することも可能です。
初心者でも分かる、株主優待クロス(つなぎ売り)の方法・手順。

おすすめ度3.0実質利回り0.6%以上
クロス難度4.0権利付最終日の1カ月週間日前
☆の数おすすめ度クロス時期
5.0実質利回り1.5%以上2カ月前
4.0実質利回り0.9%以上1カ月前
3.0実質利回り0.6%以上2週間前
2.0実質利回り0.4%以上1週間前
1.0実質利回り0.2%以上3日前
0.0実質利回り0.2%以下権利付最終日

クロス時期目安は複数(3~4カ所)の証券会社でクロスする場合です。
日興証券などクロス経費の安い証券会社は上記よりクロス時期が早めです。
毎年状況が変わるため、あくまでも目安です。

優待クロス争奪戦 留意点 

  • 6月末は株主優待制度導入企業がやや多いです。
  • 100株の優待利回りが一番高いです。
  • 500株より多くクロスしても優待内容は変わりません。

制度クロス

賃借差引日数逆日歩(100株)
2019年6月-447003日0円
2018年6月-03日0円

企業情報

最新指標(ヤフーファイナンス)

PER7.02倍
PBR0.79倍
配当利回り2.69%
自己資本比率54.7%

サンセイランディック 公式ホームページ

主力事業は権利調整ビジネスです。
主に、複数の権利者がいるため資産価値が低くなっている不動産を購入し、権利関係を調整して販売する事業を行っています。
指標面では割安です。
自己資本比率は同業他社と比べて高いです。

三月の株キチ
三月の株キチ

高度な不動産の知識が必要なビジネスですね。
個人で賃貸経営をする場合もこのくらいの知識があったほうがいいかもしれないと思っています。

コメント

  1. こんにちは。
    長期保有にするためには端株と6月の他に12月のクロスが必要です。

    空クロスが必要な銘柄が増えて困ります。現物で持てばいいのですが・・・

  2. 三月の株キチ三月の株キチ より:

    駅伝ひとりさん、お久しぶりです。

    情報、ありがとうございます。_(_^_)_
    12月のクロスも必要でしたか。
    早速調べたら見つけました。
    このような細かい条件もご存じとは流石です!

    空クロスはしたことがないので、長期優遇が美味しい銘柄や長期保有が必要な銘柄があったらしてみようと思います。