エレコム(6750)の2種類の優待。クオカードと自社製品のカタログギフト。

この記事は約3分で読めます。

優待情報

権利確定日 3月末日 9月末日

保有株数クオカード
3月末9月末
自社製品選択
3月末のみ
優待利回り
 100株以上1000円分2000円相当3月0.6%
9月0.3%
1000株以上1000円分5000円相当

優待利回り
クオカードは額面金額、自社製品は相当金額の50%で計算。

カタログギフト(自社製品)

エレコム 株主優待商品カタログ

100株以上1,000株未満保有の株主は、A(2000円相当の優待品14種類)の中から選択出来ます。
1,000株以上保有の株主は、 A(2000円相当の優待品14種類)又はB(5000円相当の優待品6種類 )の中から選択出来ます。
第1~3希望まで記入します。
第1希望 クリーニングセット
第2希望 USBメモリ
第3希望 モバイルバッテリー
にしました。

三月の株キチ
三月の株キチ

1000株以上の株主は 、Aを2点貰えるわけではないので、選択肢は少ないですが価格の高いBから選択した方が得です。
電話番号・優待商品番号のみ記載で返送するだけです。
慌ただしい時期に有難いシステムです。

優待案内到着 7月1日(クオカードとは別便で来ました)
申込期限 7月31日(遅れると優待は貰えません。
優待到着 8月下旬~9月上旬

クオカード 利用 落札・買取相場

クオカードの利用・落札情報等は下記を参照してください。

エレコムのクオカードは広告柄なので売却相場は安いです。
使う分には同じなので、売却相場の高いギフト柄のクオカードより優先して使います。

優待クロス おすすめ度・クロス時期(難易度)

おすすめ度
2
3月☆3個・9月☆1.5個
クロス時期
0.5
権利付最終日の1~2日前
☆の数おすすめ度クロス時期
5
実質利回り1.5%以上2カ月前 不可
4
実質利回り0.9%以上1カ月前
3
実質利回り0.6%以上2週間前
2
実質利回り0.4%以上1週間前
1
実質利回り0.2%以上3日前
0
実質利回り0.2%以下権利付最終日

クロス時期目安は複数(3~4カ所)の証券会社でクロスする場合です。
毎年状況が変わるため、あくまでも目安
です。

優待クロス争奪戦 留意点 

  • 3月、9月は株主優待制度導入企業が多いです。
  • 優待利回りがやや高い低いです。
  • 100株より多くクロスしても優待はあまり増えません。
  • 3月の方が優待利回りが高いです。

企業情報(指標・公式ホームページ・事業内容)

最新指標(ヤフーファイナンス)

PER18.8倍
PBR3.25倍
配当利回り1.64%
自己資本比率65.6%

指標面では割高水準です。
自己資本比率はやや高い水準です。

三月の株キチ

本業と無関係の優待内容(クオカード・おこめ券など)の場合、自社製品や買物券に比べて優待廃止のリスクは高いと思われます。
財務状況が良ければ優待継続の確率が高まると考えています。
自社製品は会社の負担が少ないので、長く続く可能性が高いと思います。

エレコム 公式ホームページ

コンピューター周辺機器メーカーです。
マウス、キーボードが国内首位です。
主にヤマダ電機に販売しています。

コメント