【旧村上ファンド】京阪神ビルディング(8818)にTOB。

この記事は約2分で読めます。

ストラテジックキャピタル(旧村上ファンド)が、京阪神ビルディングにTOBを提案しました。
ストラテジックキャピタルは、「もの言う株主」として知られています。

TOBの内容

  • 買い付け価格:1株1900円
  • 買い付け期間:11月5日から12月17日
  • 買い付け予定数:1020万6100株。
  • 買い付け予定数の下限:1020万6100株。

京阪神ビルディング最新株価

敵対的TOBに発展する可能性

京阪神ビルディングは、ストラテジック社の提案に反発するとみられています。

そのため、買い付け価格(1900円)よりも高い株価で推移しています。

京阪神ビルディングの含み資産

ストラテジック社の丸木強代表は、「保有する賃貸向け不動産を売却し、管理運営に特化すべきだ」と主張しています。

京阪神ビルディングは、優良不動産を多く保有していて、含み資産株として知られています。

三月の株キチ
三月の株キチ

優良不動産を売れば、たくさん現金が入りますからね。

京阪神ビルディング株主優待

三月の株キチ
三月の株キチ

優待利回りは低いですが、クオカードが貰えます。

京阪神ビルディングの保有状況

優待利回りが一番高い株数は100株ですが、保有する不動産の含み資産が魅力なので、1000株(10単元)を保有しています。

三月の株キチ
三月の株キチ

今までは、単元株や端株しか持ってない株のTOBばかりでした。
多めに保有している株なので嬉しいです。
高く売れて欲しいです。

コメント