楽天証券からSBI証券へ株式移管。部支店名・コードなど少し分かりにくかった。

楽天証券からSBI証券に株式の移管手続きをしました。

三月の株キチ
三月の株キチ

入力する移管先であるSBI証券の情報を確認しようとしましたが、手書きの記入例 しか見つけることが出来なかったので、それを参考にして手続きしました。

結果、下記の手順で無事移管出来ました。

移管先(SBI証券)情報の確認

①SBI証券にログイン

②「口座管理」をクリック

③「お客様情報設定・変更」をクリック

④お客様基本情報の「口座番号」「加入者口座コード(21桁)」をメモ

 

楽天証券での移管手続き

楽天証券にログイン⇒口座管理トップ⇒画面左下の「株式移管依頼」
の順番でクリック。

日本株式・楽天証券から他社への列の「申込」をクリック。

 

SBI証券の情報の入力

手書きの記入例 を参考に入力しました。

部支店名

インターネット取引をしている場合は「インターネット」、コールセンター取引をしている場合は、「コールセンター」。ダイレクトコース及びIFAコース、対面コースで取引している場合には、各取扱店まで問い合わせ。

部支店コード

SBI証券口座番号のハイフン(-)前のZと2桁の数字もしくは3桁の数字。

部支店の所在地

東京都港区

口座番号

SBI証券口座番号のハイフン(-)以降の数字。7桁の場合、最初の「0」を除いた6桁。

移管先機構加入者コード

移管先(SBI証券)加入者コード(21桁)の最初の7桁

SBI証券は「1125660」を入力。

 

 

三月の株キチ
三月の株キチ

ここから👇はカブドットコム証券への移管と同じです。

株式移管が出来ないケース

分割でクロスをした場合など、移管が出来ないケースが発生することがあります。

詳しくは下記の記事を参照して下さい。

株式移管が出来ないケース(楽天証券)。分割クロス等は注意。
分割クロスについて 楽天証券では1日信用⇒現引きの売買手数料がかかりません。 また、大口優遇を受けていると信用売りの売買手数料もかかりません。 そのため、手数料を気にすることなく分割でのクロス(取り合えず利回りの良い少ない株数...

 

コメント