【物優待の価値】不要な物優待は必要とする人に売却。

この記事は約3分で読めます。

物優待の保管と使用

優待生活をしていると家の中が優待品で一杯になることがあります。
整理することも大事ですが、量を減らすことも大事だと思います。

三月の株キチ
三月の株キチ

優待投資家は物を大切にしすぎると、桐谷さんのように家の中が物で溢れかえってしまうと思います。

主な物優待の使用

・トイレットペーパー
場所を取るので、ティッシュペーパー代わりに使用することによって早めに数を減らすようにしています。

・タオル
優待投資家は、タオルが貯まりがちです。
勿体ないかもしれないですが、普通のタオルは早めに雑巾にして、今治タオルなどに入れ替えています。

・お米
お米優待の多くは10月頃にまとめて届くので、保管する場所が必要です。
場所にも価値があると考えると、多くのお米を長期間保管するのは得策ではないと思います。
そこで、自分が食べる分を除いた分を、普段お付き合いがある方に1kg当たり100円で売却をしています。

三月の株キチ
三月の株キチ

1kg100円なら結構お得ですよね。
どこで売っても人気があります。

物優待を売却

自分にとっては必要のない物でもそれを必要としている人がいます。
そのため、必要のない物優待を必要としている人にあげるか安く売ることによって、有効に使って貰ったほうがいいと思います。
お米以外の物優待を普段お付き合いのある方々に1個200円で売りました。

三月の株キチ
三月の株キチ

無料にするとお返しを貰うなどお互いに気を使うことになるので、基本的に安く売却しています。

ジャンケンで順番に購入する優待品を選択する方式となりました。
(結構、盛り上がってました。)
1番人気はお酒でした。(他にお酒の優待がないか聞かれました)
2番人気はリンスとコンディショナーでした。(メーカーを確認していました)
3番人気は傘でした。

三月の株キチ
三月の株キチ

お酒は優待投資家があまり強くなくても、周りに好きな人がいると思います。
お酒好きの人はお酒なら何でもいいという人が多いので優待として取っても無駄にはなりません。
リンスや美容用品はある程度ブランドを気にすると思います。

下記の優待品が残りました。

残りを1個50円にしたら、扇子とカワサキのハンカチが売れました。
更に1個10円にしましたが、ポンチョと帝国繊維のハンカチは残りました。

三月の株キチ
三月の株キチ

優待品の相当金額を伝えてアピールしましたが売れませんでした。

物優待の価値

物優待の価値を決める要素は主に下記の2点だと思われます。

  • 生活必需品かどうか(生活に必要な物ほど価値が高い)
  • 消耗品か備品か(消耗品は価値が高く、長く使う備品は価値が低い)

今回の物優待の人気状況と私の主観で物優待の価値を下記の通り分類しました。
今後も人に売却するので、修正する予定です。

価値の高い物優待

  • 食品(お米、海苔など)
  • 嗜好品(お酒、お茶、コーヒーなど)
  • 日用消耗品(洗剤、シャンプーなど)

価値が普通の物優待

  • 美容関係(ローションなど消耗品・ブランドの影響あり)
  • 健康食品(ブランドでやや影響あり)
  • 消耗品以外の日用品(洗濯ばさみなど)

価値が低い物優待

  • 宝飾品
  • 美容関係(美顔器など備品)
  • ハンカチ
  • 身に付けるもの(服など)

贈り物は相手の役に立つものがオススメ

実際に売却してみて物優待の一般的な価値が少し分かりました。
意外だったのは、ハンカチが人気が無いと言うことでした。
これは、普段の贈り物でも同じかもしれません。

三月の株キチ
三月の株キチ

人に物を贈るなら相手が喜ぶものを考えて決めたいと思います。
優待品を決める時も、変にこだわらないで多くの人が喜ぶ物にしてくれると有難いです。
社長が決めた場合は、社員は何も言えませんが。

株主優待券の管理

株主優待券の管理と優待到着の確認は下記の通り行っています。

コメント